フィフティーフィフティー

フィフティーフィフティー

男女雇用機会均等法が施行されて随分の年月が経ちました。
男女の平等の概念もだいぶ浸透してきたような気がします。
英語ではheでもsheでもない中性名詞を導入しようという意見もあるそうですが、そこまでいくとちょっとやりすぎな気もしないでもありません。
恋愛に於いても男女の平等は定着しつつあるようです。
以前は「男の甲斐性」という謎の言葉でなんとなく男性が払っていたデートの費用も、いまの若い人たちは割り勘に抵抗がないといいます。
共働きの家庭では家事の分担はあたりまえ。
「家事は女の仕事」なんて言ってたら今の時代は結婚すらできません。
男性の育児休暇もこれからもっともっと普通にとれるようになっていくでしょう。
男らしさ、女らしさは残した上で公平な社会が築けたらいいですよね。


ホーム RSS購読 サイトマップ