引越し先を探すときには、焦らない姿勢が必要

引越し先を探すときには、焦らない姿勢が必要

部屋探しの際は切羽詰った状況でしないほうがいいです。
余裕を持って探すべきです。
しかし、いきなりの転勤などで、来月までには引っ越さなければいけない…などの事情もあるかもしれません。
そんなときでも、出来るだけ先方(不動産屋)には悟られないようにした方が良いでしょう。
なぜなら、焦っていると感じたら少し値が高く、条件が悪くても手を打ってくれるのではないか?などの心理が働き、さばきたい物件から紹介される可能性が高いからです。
何箇所かの不動産屋を回り、色々と住みたい地域の情報を取り入れているくらいの姿勢を見せれば相手も良い物件を紹介してくれるようになる可能性が高いです。
引越し業者については、相みつをとるのは必須です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ